上位入賞の為に・・・


選手の皆さん!
盛り上がってきましたか?

参加台数も180台を超え大会当日もきっと
盛り上がるでしょうねえ。

さて、Bクラス以上はスキー場SSと林道SSの二つの
性格が違うコースの合計タイムで競いますよね。

上位陣の昨今のラップタイムを見ますと、
スキー場SSは僅差、林道SSは2~3分の差が
あるようです。

で、勝負は林道SSとなっています。
但し、スキー場SSで、もたもたしてしまうのも
また厳しいですね。

まあ一番は転ばない事ですがねえ~

そんで、恵庭セッティングにするとレースも快適に
なると思います。

まず、スプロケットはバイクの排気量や車種によっても
違いますが、小排気量や市販車の4スト250は
F13のR48から50くらい。
輸入レーサーなら13の45~48くらいが
コースにはマッチすると思います。

日頃モトクロスコースを走っているような
スプロケの51とか52以上の大きい物だと、
一瞬で吹けきってしまいます。

まあ好みもあるんで一概に言えませんけどね。

それと、キャブ車は燃料は少し濃いめが良いと思います。
林道区間は殆どが全開かパーシャルです。
戻す事は殆どありません。

毎年焼き付く方が数名いますからね。
更に空気圧、低く設定は絶対NGです。

パンクしたらつまんないですよ!
毎年パンクリタイヤも数名います。

出来ればフロント1.0以上 リアも0.8以上は
必ず入れて下さい。
但しビートストッパーが装着されていないタイヤ
またノーマルチューブの場合はフロント1.5以上
リアも1.5以上が宜しいかと思いますねぇ。

更に毎年クラッチがダメになってリタイアも
おりますねぇ。

クラッチの遊びの調整も忘れずにお願いしますね。

まあその辺は事前にバイク屋さんか当日
その辺を、ちょろちょろしてる私に声をかけて下さいな!

最近では少ないピットまで遠いレースです。

上位入賞には、まずは完走できる車両に整備
して下さいね~

Bクラス以上はピットからスタートしてゴールまで
1周約70㌔3周で210㌔楽しく走りましょ!

コメントをどうぞ