リザルト発表します。


リザルト公開致します。
様々な考え、ご意見もあろうかと思いますが懸案の件に関しては実行委員会として出場選手の関与は無いと判断させて頂きます。
しかしながら、第三者が誘導していた事実は確認しております。
こちらには民事訴訟も踏まえて厳密に対応させて頂きます。
さて、当日ファンクラスに於いて、タイムペナルティを受けた2名の選手についてですが、スキー場を周回した為に、時間内にスタート出来ずに受けたペナルティであり、誘導がなければ時間内にスタートが十分に可能だった事から、ペナルティを解除します。しかし、残念ながら入賞順位には影響致しませんので表彰状の受け渡しは有りません。
またSAクラスとAクラスの一部にペナルティがついていますが、下記の通りです。
・ペナルティについて
SA9~12のマイナスは1ラップスタート時において、転倒事故がありスタート時刻を遅らせたもの。あらかじめ、スタート時刻を入力していたことから、マイナスしている。
SA5 10分:16ポイントにおいて、直進するところをF、Cクラスのルートを走行したことによるもの。
A34 10分:SS2スタート直後にミスコース後、逆走してSS2のスタート地点まで戻ったもの。
A31、B166 5分:再スタート時刻を過ぎてからスタートしたもの。 いずれもリタイヤ。

毎年毎年、いろいろ有りますが恵庭エンデューロは来年も続きます。今回の件も、一つの教訓と受け止め、次年度はこのような隙を作らずに対応させて頂きます。ですから「誇り高きエンデューロライダーの皆様」どうか寛容なご理解をお願いします。尚、このリザルトの件に関しては一切の抗議は受ませんので宜しくお願いします。
しかし、大会開催も準備も撤収作業もエンデューロだなと感じる今日この頃です。また来年楽しい大会を、仲間と共に作り上げますので、皆様ぜひ、お友達をお誘いあわせてご参加下さい!ありがとうございました。


恵庭エンデューロ実行委員会  
競技総括長   米田 史
副競技総括長 小尾 千智

コメントをどうぞ