最近の大会事情。


今年に入ってから、北海道のエンデューロ大会は、参加者が減少の一途をたどってますねぇ~   やはり震災の影響や景気の動向も一因しているんでしょうねぇ。

なにせ大会に出る以前に、「バイクで遊ぶ」だけでも最近では贅沢な方ですからね~  また最近の傾向としては北海道の各大会も、いわゆる「グルグル系」のサーキットエンデューロが多くなってきて、大会規模も縮小しコンパクトな大会が多くなってのも起因してるんでしょうかねぇ~  大会に出る顔ぶれも、ほぼ固定されてきているのも気になりますしねぇ~  もう一度、活況して欲しいですなあ。 私は個人的にはいわゆる「グルグル系」は元々苦手で、オープンな林道で、おもっきり「ぶっ飛ばす」大会が大好きです。 今北海道でそのような大会は、木古内、夕張ED、そして恵庭だけですもんね~ 10数年前は木古内で始まり、当麻、恵庭、音別、津別、小清水、興部、中頓そして日高で一年を締める。 というような大会が目白押しでありました。どの大会も50㌔以上のレースでした! 本当に楽しかった。 そして人気の当麻や津別は250台以上集まってましたもんねえ。 懐かしいです。  さて話は変わりますが、来月の全日本夕張ED大会もうギリギリかもしれませんが、道内の方でしたらまだエントリー間に合うかも!?  街からスタートして山へ、そしてまた街に戻る。 とても素敵な大会です。昨今の「グルグル系」では味わえないエンデューロの奥深さが体験できます! そして何と言っても体が楽です。 指定タイムは非常に緩いし、自分のペースでレースが組み立てられます。 まだ迷ってる方、まずは参加して見ましょう! もしくは見学に行くのも良いでしょう! 全日本ライダーそして道内在住のライダーのひたむきな姿をまじかで感じられるだけで、何かが見つかるかも知れません。 ぜひ夕張の地へ足を運んで下さい。 そして、もし夕張を訪れたのなら、大会に参加に来た、もしくは見に来た事を夕張の方にアピールして、夕張でお金を使って来て下さい。 少ないながらも大会を開催する事によって、夕張に経済効果がある事を市民の方に周知して下さい。 小さな事ですが、今後大会を継続して行って行く為には、市民の方の理解と後押しが重要になって来ます。 ぜひ皆さん夕張に足を運んで下さい。 お願いします。

コメントをどうぞ