受付時の必要書類とバイクの準備


大会まで、あと2週間を切りました!そろそろ準備の方は進んでますでしょうか?初レースという方が多いので再度、ご連絡します。当日、受付にて必要なものですが、免許証、バイクの登録証、自賠責証書の3点を提示し本人と確認させて頂きます。また今年度は参加受理証は発行致しません。エントリーリストでゼッケンをご確認下さい。(反映するまで2~3日かかります。)因みにゼッケンはご自身で作って下さい。色を間違わないようにお願いします。

また最近2年間は快晴が続きましたが、当日の天気は予想がつきません。そこで必ずカッパ(雨具)の用意をして下さい。100金のカッパでも十分です。高価な物は必要有りません。ドロだらけになってしまいます。更にキャメルバックか、ウェストバックに飲み物の用意をして下さい。天候が良ければ昼間はまだまだ高温になり脱水症になる可能性もあります。各ポイントにはスタッフが水を持って待機していますが、場所によっては何キロも先になってしまいます。マシントラブル等で止まってもレースが終了するまで、基本的には山の中で待機となりますので、十分な飲み物を携帯して下さい。それから最低限、自分のバイクのプラグ位は交換できるようにして下さい。

昨年パンクでリタイヤして方が何名かいました。基本的にピットまで戻ってくれば、ピットタイムもフリーですし修理しても十分に完走する時間的余裕もありますが、まずはパンクさせない事が基本です。ミーティングでも話しますが、空気圧は高めで走行してください。特にノーマルチューブでビートストッパーも付けていないマシンはフロント1.5キロ以上、リア1.2キロ以上が安全です。ハードチューブでビートストッパー装着でしたら、もう少し低くても大丈夫だと思います。時間はまだありますので入念に準備して下さいね!

コメントをどうぞ